牛肉

取扱部位

1)かた(うで)
 脂肪の少ない赤身肉。旨味成分が多く、味が濃厚です。エキス分やゼラチン質も多いです。
2)かたロース
 やや筋が多いのですが、脂肪分も適度にあって、風味の良い部位です。
3)リブロース
 ロースの真ん中の最も厚い部分。脂肪が多く、霜降りになりやすく見栄えも良い。肉自体の風味を最も
 楽しめる部位です。やわらかく、脂の濃厚な旨味があります。
4)サーロイン
 牛肉の最上級部位です。きめが細かくてやわらかく、肉質は最高です。
5)ヒレ
 きめが細かく、やわらかさが特徴な部位です。
6)ばら(かたばら)
 赤身と脂肪が層になり、きめが粗くてかための肉質。
7)ばら(ともばら)
 肉質は、かたばらとだいたい同じです。
 霜降りになりやすく、濃厚な味です。
8)もも(うちもも)
 赤身の大きなかたまりで、最も脂肪の少ない部位です。
9)もも(しんたま)
 赤身のかたまりで、きめが細かく、やわらかな部位です。他の部位に比べると脂肪が少ないです。
10)そともも
 脂肪の少ない赤身肉で、きめはやや粗く、かための部位です。
11)らんぷ
 やわらかい赤身肉で、味に深みのある部位です。
12)ネック
 きめが粗く、かたくて筋っぽい部位です。脂肪分が少なく赤みが多め。他の部位と混ぜてひき肉や
 細切れにされています。
13)すね
 筋が多く、かたい部位ですが、長時間煮込むとやわらかくなります。だしをとるのに良いです。
 
内臓肉(ホルモン)
●シマチョウ(大腸)
 大腸の中の特にやわらかい希少な部位です。
●テッチャン
 大腸の中の特にやわらかい希少な部位です。
●ハラミ・サガリ(横隔膜)
 アウトサイドスカート(隔膜)がハラミ。ハンギングテンダーがサガリ。ハンギングテンダーとは
 横隔膜(ハラミ)からぶら下がっているもので、ぶら下がっているので「サガリ」と呼ばれています。
 赤身の肉だが内臓扱いです。
●ミノ(第一胃袋)
●ハチノス(第二胃袋)
 見た目が蜂の巣に似ているのでこう呼ばれる。
●タン(舌)
●センマイ(第三胃袋)
 
 
株式会社マルユウ食品
〒598-0091
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺402-13
TEL.072-490-0018
FAX.072-490-0019